4年天城林間学校①

5月13日(月) 8時30分

「みんなで、キャンプファイヤーをしたり、わさび漬けを体験したりするのが楽しみです。自分の役割をしっかり果たしてみんなで協力して楽しい3日間にしたいです。僕は班長として、みんなをまとめるために、優しい声かけを心がけようと思います。優しくたくましいクラスに成長して帰ってきます。それでは、行ってまいります。」

そんな頼もしい言葉を残し、4年生が静岡県の天城に向かって出発しました。

最初に向かった先は、富士山の湧水があちこちに湧き出す「柿田川公園」

 

天候にも恵まれ、美しいエメラルドブルーの湧水を見ることが出来ました。
さらに幸運なことに、この公園でボランティア活動で案内をしておられる方に柿田川の歴史について詳しい話を聞くことが出来ました。
一生をかけてこの場所を守ってきた方の言葉を聞けたことは貴重な時間となりました。

次に向かったのは、伊豆半島を代表するスギの木 「太郎杉」

 

樹齢400年と言われ、離れた場所から見れば、背が高くスマートな印象がありますが、階段を登り近づいてみると、周囲のスギの太さとは段違いの太さであることが分かりその偉大さを感じることが出来ました。

16時頃、予定していた行程を順調に終え、天城山荘に到着した4年生

 

初めての宿泊学習ですが、与えられた役割をしっかり意識し、みんなで協力して頑張っています。

明日も晴れますように・・・

一覧に戻る
PAGETOP