仏語教育について

「外国語」と聞いてみなさんはどのようなイメージを持ちますか?世の中には色々な言葉が使われており、言葉と同様に文化や歴史もその国によってさまざまです。本校で学習するフランス語は、公用語として現在約30の国で使われており、およそ2億2千万人がフランス語を話しています。中学1・2年では「聞く・話す」ことを重点的に、3年では文法も取り入れ総合的に学習します。高校では交換留学やスピーチをする機会を利用してフランス語力を伸ばしていきます。

初めて学ぶ人も安心

フランス語の授業は、中学3年間・週2時間必修です。中学1・2年生では本校独自のテキストを使用し、初めてフランス語に触れる人にも学習しやすいように工夫しています。特に、フランス語特有の発音を音とリズムで覚えることで、自然に発音を身につけることができます。また、学習した内容をもとに自分たちでスキットを作ったり、ゲームをしたりして楽しく学びます。1年間学んだのち、仏語検定やDELFにチャレンジする人もいます。
(※DELF…フランス国民教育省が認定している公式フランス語資格。問題もすべてフランス語で出題されます)

発展的な高校の授業

高校での授業は選択制となり、高校2年からはフランス語を第一外国語として学習することもできます。総合的な力を養うために、少人数制を活かしたネイティブの先生との授業や、受験対策講座も行っています。その結果、例年、フランス語の力を活かして大学に進学する生徒がいます。

PAGETOP