英語教育について

「読む・書く・話す・聴く」の4技能をバランスよく学習します。英語学習の基本であるフォニックスで正しい発音を学び、授業で学んだ内容をスピーチやレシテーションでアウトプットしながらプレゼンテーション力を養います。また中高6年間を通じて年3回行われる英単語コンクールに臨むことで語彙力を高めます。このように様々な学習のアプローチと積み重ねを経て英語を体感することで、コミュニケーション力はもちろん、大学受験にも対応できる本物の英語力が養われます。

CALL

教室で学んだ英語を多角的に実践していく、それがCALL(コンピュータによる外国語学習支援)です。コンピュータはApple社のMacを採用しています。まずはコンピュータに慣れることからスタートし、生徒たちが英語へ興味を持ち、楽しく学習できるよう工夫を凝らした授業を行っています。

英会話

中学高校を通して、ネイティブの先生による英会話の授業が多くあります。英語のもつ音とリズムに親しみ、伝えたいことを表現する言葉として吸収していきます。英語を通じたコミュニケーション力に自信をつけた生徒たちは、社会に貢献できる国際人としての自覚が芽生えます。

資格試験

英語検定対策講座を開いて合格をサポート。中3で準2級が目標です。2次面接対策では希望者全員が1 対1 の指導を受けます。またGTEC for Students を中2から4年間継続して受験します。英語力を客観的に測るとともに、外部資格試験を導入する大学入試にも対応しています。

PAGETOP