大学実績

希望する進路を実現するために

少人数教育は個々の志望を叶えるきめ細やかな進路指導を可能にします。担任は面談を通じて生徒と共に適性や志望について時間をかけて向き合います。学習面ではそれぞれの志望に応じた多彩な選択授業も展開します。また、必要な対策(記述式問題演習・文章添削・面談指導)を行うために、担任や教科担当だけでなく部活動の顧問や中学時の担当教員なども加わり、あらゆるチームで取り組みます。これは生徒と教員の距離が近い少人数教育ならではの強みです。


2019年 現役進学先グループ別比率・人数

( )内は現役進学者数です

過去3年間の難関大合格者数の推移

  2017年 2018年 2019年
国公立 1 2 2
早稲田 9 10 4
慶應義塾 7 2
上 智 7 10 6
ICU 1
明 治 13 3 3
青 山 7 2 2
立 教 8 2 6
中 央 3 2 2
法 政 7 3 4
学習院 1 1 2
合 計 63 38 31
PAGETOP