学校長メッセージ

聖ドミニコ学園小学校 学校長  山崎昭彦
聖ドミニコ学園小学校
学校長 山崎昭彦

きらきらと輝く子どもたち。日々「新しい人」になる子どもたち。その一人ひとりを神様はどこまでも愛してくださっています。

子どもたちに「あなたは愛されています」と伝えること。それが私たち聖ドミニコ学園の教育活動のベースにあります。愛される体験が数多くする積み重ねられる中で、子どもたちの心の奥に、人を愛することのできる優しさ、思いやり、温かさが育まれていきます。

13世紀に活躍した聖ドミニコ・ドゥ・グスマン。神様の慈しみを伝えるためにヨーロッパ各地を行脚して説教を続けた聖ドミニコの説教は決して一方的なものではなく、「対話」を中心に据えていました。相手を大切にする心で話を聞くドミニコの姿に共鳴した多くの仲間が、今に続く修道会の源を築きました。

聖ドミニコ学園の教育理念は「真理を求め、自由に生きる」。カトリックの世界観を基礎にして、幼稚園から高等学校まで、年代に応じた学び合いの中から、真理を探究する姿勢を大切にしています。

小学校の6年間は、生き方の基礎基本を学ぶ時期です。神様の愛に応えて、よりよく生きる力を、そして正しい価値基準を身に着けられるように、聖ドミニコに倣って学び合います。

聖ドミニコ学園小学校
 学校長 山崎昭彦

PAGETOP