『聖ドミニコ2019』への挑戦

2019年コース制誕生。

2019年 コース制スタート。

新学習指導要領実施に先駆けて、聖ドミニコ学園は「21世紀型教育」を始めます。 今何を学び、どのようなスキルを身につけることが求められているのか。 新時代に活躍する生徒を育てるため、本校では2つのコースを設置します。

インターナショナル コース

英語、数学、理科の授業を
すべて英語イマージョン

コースの特徴
週14時間*1の圧倒的な英語授業時間数

中1から高1までの4年間で英語による学びを2,000時間以上確保。 *1 中学校3年間の週あたりの英語イマージョン授業

海外型のプロセス重視学習に特化した教育

イマージョン授業では、ネイティブスピーカーの教員が授業を担当*2
従来の日本的な学習スタイルとは異なる視点・発想で高い創造性を養う。 *2 日本人教育とティームティーチング

グローバルな進路をサポート

語学力を生かした進学指導。
国内の難関大学をはじめ海外大学への進学も視野に入れた進路を目指す。

アカデミック コース

思考力、想像力を培う
世界標準の学び

コースの特徴
従来のカリキュラムをグレードアップ

授業時間数増*3(数理英など)により学習機会の充実を図る。 *3 週35時間の授業数を確保。

Project Based Learning
(課題解決型学習)を中心に据えた教育

様々な学びの場でPBL型学習による『主体的で対話的で深い学び』を実施。 クリエイティブな教育・学習の場を提供し、自発的な学習による豊かな創造性を育む。

個に合わせた進学をサポート

少人数制ならではの丁寧な指導により、一人ひとりの学力を強化。国内の難関大学や、能力・個性を生かした進路を目指す。

ドミニコの特色

  • 週5日制
  • 留学制度の充実
  • ICT教育
  • 英仏2カ国語教育
  • ドミニコ学
  • キリスト教で心を育む
  • 少人数制
  • 対話重視
  • アクティブラーニング

ドミニコの21世紀型教育

思考を育てる「ドミニコ学」、心を育てる「宗教教育」がバックボーンとなり、ICTの活用が全ての活動を促進する、重層的な学びを展開します。

ドミニコの21世紀型教育図

【新設】 ドミニコ学(総合学習)

学びの土台である思考力を育てる時間として、思考力トレーニングを行います。この時間に身につけたマインドセットは、あらゆる教科の中でいきます。
更に、大学生・社会人となっても、思考スキルによって、自ら課題を見出し、主体的に取り組むことを可能とします。

【2017年~】 ICT教育

全ての生徒がiPadを持つことで、情報の検索にとどまらず、アイディアやひらめきを形にしたり、共有や記録をしたりすることが可能となります。 ICTの活用によって、課題に取り組む生徒の無限の可能性を引き出し、表現力、想像力の向上を狙います。

SDC
(6年間の学びを通して得られる力)

SDCの三円図

未来の社会で
より良い変化をもたらす人に

Sustainability (持続可能性)

長期的な視野に立ったものの見方

Design (デザイン力)

ひらめきや思考を表現できる

Connect (つながる)

受容力・対話力・語学力

PAGETOP